小泉総理の靖国参拝に対する韓国の評価

前回の記事を受けて、韓国の世論が発表されました。

8月15日に小泉首相が靖国神社に参拝したことについて、韓国民の62.9%は、韓国政府がさらに強硬姿勢を示すべき、との考えを示しました。光復節(8月15日)に、小泉首相は8月15日、周辺諸国の阻止にもかかわらず靖国参拝の強行に踏み切り、これを受けて韓国政府は駐韓日本大使を呼んで抗議の意を伝えた。

韓国政府のこうした取り組みが適切だったかについて尋ねてみたところ「さらに強硬措置を取るべきだった」との意見が62.9%で最も多く「適切なレベルの抗議だった」は19.0%、「さらに柔軟に取り組むべきだった」との意見は11.8%でした。

神社参拝をはじめ外交問題が急浮上する状況でも、友好・協力関係を損ねるのを懸念する声も高まっている。「歴史問題とは別に友好・協力関係は持続すべき」という意見が62.2%で、「神社参拝など歴史問題を解決するまで両国の友好・協力関係は留保すべき」との意見(30.9%)より倍ほど多いことが分かった。

強制徴兵、従軍慰安婦等、たくさんの被害を受けた韓国にとっては、A級戦犯が合祀された靖国神社への総理参拝は許しがたいことであり、これまでもずっと中止をよびかけてきました。しかしながら、そのような被害国の声を無視して強行的に参拝を断行した小泉総理に対し、韓国民はそれでも日韓友好を維持しようとする韓国民が62%もいるということは、韓国民の懐の深さを感じます。

今、日本に必要なのはこういった韓国民の友好に対する思いに応えることではないでしょうか。
[PR]
# by kraine | 2006-08-17 15:03 | ニュース

小泉総理大臣の靖国参拝

今年の8月15日に小泉総理が靖国に参拝しました。
世論の評価は支持に50%、反対に47%と若干支持が上回っています(毎日新聞調べ)。
前回の支持37%に比べれば支持が大きく伸ばしています。
反対に投じた人の理由第一位は、アジア諸国への配慮に欠けている(42%)になっています。

日本国内における総理大臣の参拝は問題ないように思えますが、現在の国際情勢はかなりグローバルな視点を重視されているので、とくにこれだけ経済規模も大きい日本はやはり周辺諸国への配慮も必要であると思います。

さらに、先の大戦における日本の植民地支配は事実であり、多くのアジアの人たちを殺戮したことをよく踏まえ、そのような被害者たちの心を考えれば、加害者である日本の総理大臣の靖国参拝はとても受け入れられないことであると思います。
昨今、右傾化が懸念される日本の社会情勢ですが、私達はもう少し思いやりを持って周辺諸国と仲良くすることを第一に考えるべきではないでしょうか?
[PR]
# by kraine | 2006-08-17 14:43 | ニュース

日本の挑発行為に疑問

今、日本は拉致問題で韓国と協調しなければならないのに、なぜこの時期に海底調査を実施するのだろうか?
今年で任期を終える小泉政権が残す最後のパフォーマンスなのでしょうか?
近隣諸国に迷惑をかけてまで行う売名行為に憤りを感じます。
[PR]
# by kraine | 2006-04-20 05:47

滋賀の殺人事件記事削除の件について再度謝罪

昨日は削除するタイミング遅くなり申し訳ありません。

削除表明のあと、たくさんのコメントいただきました。私としても削除することにより、このことを闇に葬るという意思はありません。ただ、あのままに記事を残しますと、実際の被害者に対する配慮にかけることになりますので、あらたにこういった記事を残しました。

このブログの中で、私はアジアの人たちの心の傷があるうちは配慮すべきという主張をつらぬいています。今回奇しくも、私の配慮不足のために、気分を害された方からたくさんの謝罪を要求されましたので、謝罪の上記事の削除という措置にいたりました。
今後も、私の配慮不足により心に傷を受けた方たちが謝罪を要求されるかぎり、対応していきたいと思います。
[PR]
# by kraine | 2006-03-03 00:23 | ひとりごと

メディアの保守性を再考したい

ここ数日の間にこのブログが突然注目され、非常に困惑しております。
たくさんのコメントをしてくださった方には感謝しています。
できるかぎり応対していきたいと思いますのでもうしばらくお待ち下さい。

昨夜はサークルの飲み会がありました。
その中でこのブログのことも話題になりました。
そこで日本のメディアに関する話題も出てきたのですが、この国のメディアのありかたに疑問がでてきたのでご報告いたします。

昨年話題になった堀江氏のライブドアがフジサンケイグループの参入に関する話でした。少なからず、日本のメディアはある程度の情報を自主規制されているようです。また伝聞で申し訳ないのですが、堀江氏は昨今の周辺諸国の配慮について否定的な人物であり、彼がTVメディアに発言力を持つことは非常に危険なことであることを聞きました。

前回の記事にも書いたNHKの「日の丸」配慮に関連して、周辺諸国に対する配慮が法で守られた表現の自由に矛盾しているのではないかという気がしてきました。確かに戦争で生まれた被害者の心情を推し量れば、「日の丸・君が代」に嫌悪感を抱く気持ちは理解できますが、日本のメディアが連携して、周辺諸国の配慮を否定する堀江氏の参入を締め出すのはいかがなものかと感じます。

私は前回記事では圧倒的なマイノリティですが、TVメディアではマイノリティである堀江氏の思想も反映するべきではないのかと感じます。

皆さんのご意見をお待ちします。
[PR]
# by kraine | 2006-03-01 08:43 | サークル

トリノ五輪 荒川さんのNHK報道について

まずは女子フィギアで金メダルをとった荒川選手におめでとうとエールを送りたい。
だが、受賞後に「日の丸」を纏ったウィニングランには違和感を感じる。「日の丸」とは、かつてアジアを侵略した大日本帝国の象徴であり、アジアの人たちにとっては最も忌み嫌う象徴でもある。はたして平和的な国際イベントに、軍国主義の象徴でもある「日の丸」を纏うとはアジアの人たちに配慮はできないものだろうか?
この部分については荒川選手の良識を疑う。少なくとも「日の丸」に恐怖を感じる人たちが億単位で存在するのだから、せめて国際的な舞台ではそういった人たちの感情を考慮してもらいたいものだ。

今回のNHKの配慮は当然だと思う。国家的なメディアである以上、やはり周辺諸国に対する配慮は重要であり、日本が過去の反省をしているとアピールするにはよい決断であったと思える。ネットで抗議の声をあげている人たちには、もう少し歴史を勉強してもらいたいものだ。また、荒川選手にも、被害者の気持ちを思いやる気持ちを持って競技の望んでほしい。それが真の国際人への一歩だと思う。
[PR]
# by kraine | 2006-02-27 18:59 | ニュース

嫌韓流2

先日、嫌韓流2が発売された。
昨今の韓流の時流に対したアンチ本のひとつだ。
稚拙な絵と、妄想的ともいえる歴史認識で、ネット右翼と呼ばれる”弱虫”たちに人気がある6流書籍だ。やはり、頭の弱いネット右翼の諸兄には活字は難しいようで、マンガというスタイルが似合っているようだ。

サークルのTさんがこの本を購入して、サークル内で回し読みをしたのですが、まさに失笑するしかない低俗な内容でした。この本がamazonでも上位にランクされるということは、やはりゆとり教育の悪しき結果だと思います。現実に、テレビ等のメディアではほとんど露出がなく、ネットの世界の自慰のような話題でのもりあがりのよに思います。

隣国を不当に咎める書籍は、いくら表現の自由が認められているといっても、未来志向にはそぐわないと感じます。
[PR]
# by kraine | 2006-02-24 22:01 | サークル

きょうは「竹島の日」

近年日本が行っている「威圧的外交」が非常に目に付く。
奇しくもきょうは島根県が制定した「竹島の日」である。竹島とは正式には韓国領の独島のことを指します。現在、独島には韓国人が居留し、歴史的にみても韓国の領土であることは間違いありません。このブログを始めたきっかけが独島の問題でもあり、サークルの中でもよく話題にされています。

この「竹島の日」の制定はまさに島根県の独断先行の極みであり、きょうの式典においても、誰一人として閣僚の参加はありません。現在、独島に渡ることは日本国内では禁止されています。これは一部の右翼団体が騒いだところで日本政府が日本の領土ではないことを認知している証拠でもあります。

アジアの平和を乱すような他国の侵略行為はもうやめてもらいたい。
これが大部分の国民の声ではないでしょうか。
[PR]
# by kraine | 2006-02-22 18:30 | 独島問題

サークル定例会

きょうはサークルの定例会でした。
メンバーのSさんの知り合いで、従軍慰安婦に詳しいTさんとお話することができました。
これも過去に日本が犯した罪のひとつですが、今もアジアには潜在的に50万にもなる元従軍慰安婦の人たちがいます。日本は帝国主義の下、アジアに不幸な歴史を刻んだ来ました。このことはいくら経済援助をしても償いきれない心の傷として、永遠に語り継がれていくことでしょう。私たち日本人はこれからもこの十字架を背負い、アジアの平和の礎となり、二度とこのような戦いを犯してはなりません。今日のTさんの話はとても心に響きました。

どうやったら戦争のない世の中ができるのだろうか?
何をすれば争いごとのない世界ができるのだろうか?
全ての人たちがこのことを自問自答し、ひとりひとりが平和な世界を作るため何かをしていくことが大事だと思います。

今、自衛隊はアメリカに次いで世界第2位の軍事予算があります。
もちろんアジアでは一番の金額です。
日本は過去に起こした戦争をまた繰り広げようとしているのでしょうか?
自衛隊の存在は、過去の日本の侵した罪によるトラウマになった人たちにとって、恐怖しか生みません。日本がこれから歩んでいく道は、早く自衛隊を廃止して、世界で初の争いを完全放棄した「平和国家」になっていくことだと思います。
[PR]
# by kraine | 2006-02-04 23:49 | サークル

アメリカも認めた独島

いまや、独島(竹島)を日本の領土と主張しているのは日本だけしかありません。
インターネットでは、ネット右翼と呼ばれている人たちが独島における日本の領有権を主張していますが、これらはますます日本を世界から孤立させる運動に他なりません。
例えば、アメリカも1952年に独島が正式に大韓帝国の領土であったことを認めています。

---以下引用---
1952年 10月 3日株のアメリカ大使館で作成して本国に送ったこの文書には “おっとせいたちの産卵場所によく利用されるこの島(独島)はひととき大韓帝国の領土だった”は句節がある.

当時米国大使は “アメリカ政府はもうこの島の歴史を一番(回)以上検討したことがありながら減らす見直す必要がない”と書いて独島が韓国の領土という事実を強調した.

文書は引き続き “日本が韓国を占領しながら独島を日本領土で編入させた後独島を日本の一現に帰属させた”と指摘しながら “このために日本がサンフランシスコ条約を締結する時条約下書き者が日本が返還しなければならない韓国領土たちに独島を入れないこと ”と説明した.

同時にこの文書で米国大使は “この島(独島)はレーダー基地で使われることができるし, 投下することができなかった爆発物たちを処理する所でも良い”と “独島が日本政府の施設に譲り渡しされたら軍事目的に使われることができること”という提案をしたりした.

ロブモは “先月発見されたアメリカの 1946年文書はアメリカが独島を韓国領土で認識しているという事実のみを確認してくれたが, この 52年文書はアメリカが独島の歴史を体系的に検討した後独島が韓国領土という結論を下したということを見せてくれるからその意味が大きい”と 言った.

彼はまた “この文書は当時アメリカが独島の領有権問題に対して日本側の主張を受容してサンフランシスコ条約で独島を落としたことはただ軍事的必要性のためだったという事実も見せてくれる”と付け加えた.

ロブモは韓国で英語教師で働いて韓国と縁を結んだ以後 10年以上独島を研究して来ている在野学者だ.イギリス王立アジアン学会と高麗大学校部属研究所で出す学術誌に ‘1948年 6月独島爆撃事件に対する深層的研究’という題目の論文を発表したりした。

アメリカ人 ‘独島守り’, 美 潜り戸でまた捜した
f0075294_19105548.jpg

[PR]
# by kraine | 2006-02-01 19:05 | 独島問題